とんど焼き

令和最初のお正月も半ばを過ぎ・・

とんど焼きの様子です。

 

門松や注連飾りなどを焼くことで、

歳神様に再び天に昇っていただくというとんど焼き。

かまどや囲炉裏にも火の神様がいるように、

ゆらゆらと燃える炎によって、天上と下界は結ばれているのでしょうか。

 

そしてもちろん、焚き火の周りには暖を取る人々が集まり、

お正月にまつわる昔話で盛り上がって

身も心も、ほっこりと、温まった一日でした。

 

このあと温かい部屋に入って、みんなでおしるこを食べたのですが・・・

食べるのに夢中で・・・写真撮るの忘れてました~~~ m(≧Д≦)m